歯科衛生士が選ぶ!コーヒーのステイン落とすおすすめの歯磨き粉

コーヒーを飲んでいると、知らず知らずのうちに歯に色がついてきますよね。


この記事を書いている歯科衛生士のかすみも、毎日朝は必ずコーヒーを飲みます。

アシスタント業務中の眠気防止のため。笑

着色汚れが気になる人も多いと思います。



歯医者に行く時間がない。


ホワイトニングほど白くならなくていい!!



着色汚れだけ落とせたらいい。



そんな方には、ステイン除去と再沈着防止効果が証明されているメタリン酸ナトリウム(文献参照)配合のはみがきペーストを探し出しました。




有名なお菓子メーカーロッテが、着色をつけた歯に、メタリン酸ナトリウムを入れたガムを噛ませた実験をしたのですが、そのガムを噛んだ人の着色が取れているという研究結果を発表されていました。





他にも、メタリン酸ナトリウムの実験はされており、その効果は証明されています。

メタリン酸ナトリウムの参考文献

漂白後エナメル質に対するメタリン酸ナトリウムの着色抑制効果と吸着性の評価

https://www.jstage.jst.go.jp/article/shikahozon/59/1/59_22/_article/-char/ja/


論文によると、メタリン酸ナトリウムのステイン沈着防止時間は24時間だって!





さらにポリリン酸ナトリウムは、歯石が歯につきにくくする効果と、ものによってはステイン沈着抑制効果が期待できます。



ポリリン酸のステイン除去効果について


ポリリン酸にもステイン除去効果が証明されており、たくさんのクリニックでポリリン酸ホワイトニングの処置が行われています。

しかし、ポリリン酸のステイン除去効果は、長さ(短鎖)が合っていないと効果がないようです。


ポリリン酸配合で重曹など研磨剤と併用されている歯磨剤は正直あまり信用できないので、ここでは省きました。(私は疑い深いのです。)

マニアックな話のリン酸を調べた記事もあるので、物好きな方はぜひ読んでみてください。

ポリリン酸ホワイトニングを調べた結果


コーヒーのステインを落とす効果が期待できる歯磨き粉

ステイン除去効果のあるおすすめ歯磨き粉(研磨剤なし)

ポリリンジェル WX


実際のクリニックでポリリン酸ホワイトニングに使用されている分割ポリリン酸®︎は、こちらのリジェンティスから出ているものもあり、特許も取得されています


さらに私が推しているメタリン酸ナトリウムが入っています。


こちらの分割ポリリン酸®︎であれば、ステイン除去と再沈着効果がかなり期待できます。


(実際にクリニックでも使われているものですからね。)

ポリリン酸の効果を試してみたい方、是非使ってみてください!!

リジェンティスのオンラインストアはこちらからどうぞ


ポリグリン ホワイトニングEX


メタリン酸ナトリウムに加えて、分割ポリリン酸®︎が含有されているはみがき剤です。


研磨剤が入っておらず、穏やかにステインを除去してくれます。


日頃のステイン沈着予防にも効果ありかと思います。

ステイン除去効果のあるおすすめ歯磨き粉(研磨剤??)

はははのは


ホワイトニング専門の医師が監修したもので、メタリン酸ナトリウム配合です。


原料には自然のものがたくさん入っており、体に優しそうです。


研磨剤不使用と書いていますが、重曹が入っているところが気になるところ。(どっちやねん)


重曹の濃度も気になりますが、メタリン酸ナトリウムのステイン分解効果もあるはずなので、早く着色汚れの除去を実感したい人は、こっちなのかもしれません。


メタリン酸とポリリン酸への考察

ステイン除去のあるはみがき剤を紹介しましたが、口腔内の滞留時間が短いと効果が薄れると考えられます。

さまざまな文献や研究結果を読みましたが、20分から30分は口の中に留めるようにしたほうが効果を得ることができるかと思います。

20分経つまでは口をゆすがず、気持ち悪かったら吐き出す程度にしたほうが良さそうです。


歯医者のホワイトニングと市販のホワイトニングはみがき粉との違い

歯科医院で扱うホワイトニングは過酸化水素による漂白効果によるものです。

強い力で漂白をするので痛みを伴う可能性もありますが、確実に歯の白さは手に入ります。


歯を白くする!ホワイトニングに使う過酸化水素について徹底解説!

過酸化水素は高濃度のものは劇薬とされ、一般人が購入することはできません。



だから、市販の歯磨き粉には過酸化水素が入っている漂白効果のあるものは絶対に売られていません



では、市販のはみがき粉でホワイトニング効果をうたっているものには何が入っているのでしょうか。

私がこの数日スーパーやドラッグストアを巡ると、漂白効果があるものはほとんどなく、歯磨き粉に入っている研磨剤で着色汚れを落とすものばかりでした。




研磨剤で着色汚れを落とすことは可能ですが、毎日の歯磨きで歯をどんどん削っていく可能性が非常に高く、知覚過敏や歯のすり減りから歯垢が溜まりやすい環境を作る可能性があります。




エナメル質がすり減ると、余計に中の象牙質の黄色味が出てきてしまい、悪循環です。




歯の黄ばみが気になる方は、1度歯科医院で相談・PMTCで着色汚れを落としてもらいましょう。

(PMTCとは、歯医者さんで行う保険適用の歯のクリーニングです。)





それでも気になる方はホワイトニング(漂白)をしてもらいましょう。




歯の着色を落とす効果が期待できる電動歯ブラシ

ソニッケアー


はみがきペーストではありませんが、音波式の電動歯ブラシでのステイン除去効果があるようです。



ソニッケアーは学会でも発表されたり、実際に患者さんからも「着色汚れが気にならなくなりました!」と言われることもあるので、日常の歯磨きに取り入れてもいいかと思います。


歯に添わすだけで歯ブラシの方が動いてくれるので楽ですね。


歯科医師や歯科衛生士も1度は使ったことのある音波ブラシ。



一度使ってみる価値はあります。

まとめ


着色汚れを防ぐにはポリリン酸ナトリウム配合のはみがきペーストを使用されることをおすすめします



歯医者に通う時間がない方や、知覚過敏が気になる方、自然な白さを求めている方は、
分割ポリリン酸・メタリン酸ナトリウム配合のはみがき剤音波電動ブラシの使用をお勧めします。

今回紹介したものは、あまり他のサイトでは紹介されていませんが、私が数日かけて調べ上げたものです。


コーヒーだけでなく、タバコのヤニにも少なからず効果があると思うので、試す価値アリです。


歯石にくっついた着色は、歯石も除去しないといけないので、
あまりに効果がないようなら一度歯科医院でみてもらう事をお勧めします。

パールホワイトニング03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA