[CR充填や補綴物の調整は違法?] 歯科衛生士のやってはいけない業務内容まとめ

CR充填とか補綴の調整とか、わたしがする仕事なん???
違法じゃないのかな。

かすみ
かすみ

歯科助手さんでもやってる医院あるらしいね・・・。


歯科衛生士のやってはいけない業務内容はいくつかあります。

それは「絶対的歯科医行為」と呼ばれ、歯の切削や切開などの外科的処置です。

そのほかにも、私自身が歯科衛生士をしていて、「そんなこと衛生士がしたらあかんやろ。」と思うことをまとめました。

違法かどうかの判断が難しいものも多いですが、わたしの考えをまとめています。

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の3大業務になる基本的な仕事内容は下の通りです。


難しいですが、歯科衛生士法と一緒に確認してください。

歯科予防処置

歯科衛生士法

第二条 この法律において「歯科衛生士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、歯科医師(歯科医業をなすことのできる医師を含む。以下同じ。)の指導の下に、歯牙及び口くうの疾患の予防処置として次に掲げる行為を行うことを業とする者をいう。

  • 歯牙露出面及び正常な歯茎の遊離縁下の付着物及び沈着物を機械的操作によつて除去すること。
  • 歯牙及び口くうに対して薬物を塗布すること。
かすみ
かすみ

スケーリングやフッ素塗布などです。これ、国試にも出ましたよね。

歯科保健指導

歯科衛生士法

第二条3 歯科衛生士は、前二項に規定する業務のほか、歯科衛生士の名称を用いて、歯科保健指導をなすことを業とすることができる。

勤めている歯科医院や、小学校・保健所・企業などでの検診時に、歯磨きや食生活の指導を行います。

歯科医師や医師、保健所の長の指示があればそれに従います。(歯科衛生士法第13条3と4)

歯科診療補助

歯科衛生士法

第2条2 歯科衛生士は、保健師助産師看護師法(昭和二十三年法律第二百三号)第三十一条第一項及び第三十二条の規定にかかわらず、歯科診療の補助をなすことを業とすることができる。

歯科衛生士法

第13条の2 歯科衛生士は、歯科診療の補助をなすに当つては、主治の歯科医師の指示があつた場合を除くほか、診療機械を使用し、医薬品を授与し、又は医薬品について指示をなし、その他歯科医師が行うのでなければ衛生上危害を生ずるおそれのある行為をしてはならない。ただし、臨時応急の手当をすることは、さしつかえない。

問題となるのが、この「歯科診療補助」です。

この歯科診療補助の内容が法律で明確になっていないために、「ええ??これも歯科衛生士がするの!!??」という歯科医院があるのです。


歯科医師法も確認しましたが、明確な言葉で「歯科医師の仕事はこれ!」と書かれている文も無いんですよね。

このグレーな感じが歯科衛生士の仕事の多様性になっているのでしょう。

かすみ
かすみ

違法かどうかはっきりしてほしい・・・。

歯科衛生士の違法行為への罰則

違法行為となる処置をすると、罰則があります。

歯科衛生士に関係する内容をまとめました。

私たち歯科衛生士は歯科医師の指示のもと仕事をしますが、罪を被る可能性もあります。

その時の罰則も知っておきましょう。

歯科医師法

歯科医師法

第17条 歯科医師でなければ、歯科医業をなしてはならない。

かすみ
かすみ

3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金。

歯科衛生士法

歯科衛生士法

第13条の2 歯科衛生士は、歯科診療の補助をなすに当つては、主治の歯科医師の指示があつた場合を除くほか、診療機械を使用し、医薬品を授与し、又は医薬品について指示をなし、その他歯科医師が行うのでなければ衛生上危害を生ずるおそれのある行為をしてはならない。ただし、臨時応急の手当をすることは、さしつかえない。

かすみ
かすみ

6ヶ月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金。

ちなみに、正当な理由なく業務上知り得た人の秘密を漏らすと、罰金50万円です。

気をつけましょう。

診療放射線技師法

診療放射線技師法

第二十四条 医師、歯科医師又は診療放射線技師でなければ、第二条第二項に規定する業をしてはならない。

かすみ
かすみ

1年以下の懲役若しくは50万円以下の罰金。

国試にも出た歯科衛生士が絶対にやってはいけない違法となる行為

では、歯科衛生士がやってはいけない処置とはなんでしょうか。

ポイントとしては、歯科衛生士法第13の2の「歯科医師が行うのでなければ衛生上危害を生ずるおそれのある行為」です。

歯科衛生士業務(診療補助)ガイドライン抜粋です。

歯牙の切削

これはわかりやすいですね。

こんなことさせる歯科医院があると思うとゾッとします。

切開や抜歯など観血処置

危険。

そんなこと、学校で習わないし、解剖学とかそこまで深く勉強してません。

精密印象や咬合採得

これは、微妙ですよね。。。

ダメとはよく聞くし、確かにきちんとした印象をとらないと、出来上がりの補綴に関わるのはわかります。

でも、そこまでドクターがとる印象と大差ない気がする。(ベテラン衛生士は)

これをしている歯科衛生士、多いですよね??

危害を加える行為ではないものの、やってはいけないことになっています。

歯石除去のときの除痛処置をのぞいた各種薬剤の皮下、皮内、歯肉への注射

麻酔ってことですよね。

無理無理!!!!怖い!やりたくない!!!!

歯科衛生士は看護師と違って、そんな勉強もしていませんし、実習もしていません!!

かすみ
かすみ

歯石除去の時の除痛処置というのは、表面麻酔でしょうか。

これらは歯科医師自ら行う「絶対的歯科医行為」と呼ばれ、歯科衛生士や歯科助手、歯科技工士などにはできません。

臨床歯科麻酔認定歯科衛生士

一般社団法人日本歯科医学振興機構(JDA)では、今後歯科衛生士が麻酔に取り組める環境づくりを目指しているそうです。

いつか法律の改正により、私たちが患者さんに麻酔をする時が来るかもしれません。

レントゲン写真を撮る

これは、医師、歯科医師、診療放射線技師の独占業務のためやってはいけません。

スイッチを押すだけでも違法行為です。(これもやりがち)

先ほどの診療放射線技師法に引っかかり、それで逮捕された医院もありました。

歯科衛生士がやらない方がいいと考える仕事

歯科医師法にも歯科衛生士法にも、これはやっちゃダメと明確に書かれているものがありませんでした。

歯科衛生士業務内容についてのガイドラインや報告書なるものがありましたが、

読んでみて正直どうなんだろう。というものもありました。

歯科診療補助として、中堅レベルの私が考える、歯科衛生士がやらない方がいい業務をまとめました。

CRなどの充填処置

形成はドクターがして、充填処置は歯科衛生士がする。という医院も聞いたことがありますが、
果たしてどうなんだろう?と思うところはあります。

歯科医師法

第三十六条 この法律施行の際、歯学の課程を設ける学校において二年以上専ら歯学を修業し、又は現に修業中である医師は、この法律施行の後も、なお従前の例により厚生労働大臣の許可を受けて歯科専門を標ぼうし、又は歯科医業中充てん❜❜、補てつ❜❜及び矯正の技術に属する行為をすることができる。

私たち歯科衛生士も、もちろん歯科の勉強はしてきましたが、歯科医師ほどの知識量は当然ありません。

歯科医師法第36条で、医師でも2年以上は歯学を勉強した場合に、充填と補綴の処置を行えると書かれています。

正直、医師や歯科医師でもない歯科衛生士が同等のことをしていいのでしょうか。


器用な衛生士はいますが、歯科衛生士の国家資格を勉強をしていて、咬合のことや、充填の仕方などは知識にありません。
基礎の知識がないのに、見よう見まねで処置をさせることは、患者さんに無責任な行動と思います。


相当な手練れの歯科衛生士なら別として、これは歯科医師がするべき処置でしょう。

補綴物の咬合調整

CR充填などの処置と一緒です。

適切な咬合状態がわかる歯科衛生士がどれほどいるのでしょうか。

コンタクトを削りすぎてスカスカにすれば食渣が溜まる原因になりますし、咬合が高かったり低ければ、今後の咬合のバランスが崩れるでしょう。

かなり勉強している歯科衛生士は別として、経験の浅い歯科衛生士に咬合調整をさせることは危険です。

患者さんに害が出そうな処置

私たち歯科衛生士が充填や補綴物の調整しセットすることは、患者さんが今後、カリエスを再発したり歯周病が進む原因になるリスクがあります。

仮着や仮封は、器具で除去してしまえばなんとかなるものですが、充填処置や合着をすると簡単に修正ができません。

そんな重大なことを歯科衛生士にさせることは良くないと思います。


歯科衛生士法第13の2の「歯科医師が行うのでなければ衛生上危害を生ずるおそれのある行為」とはそのようなことではないでしょうか。

まとめ

儲けに走って歯科衛生士に危険な処置を行わせる歯科医師は嫌いです。

研修で歯科医師が処置を行うのと、歯科衛生士がするのは全く別です。(基礎知識が足りないのだから。)

責任のある歯科医師という立場であれば、医療人らしい行動をしてほしいものです。


私たち歯科衛生士も、法律で「歯科医師に指示のもと・・・」という文面がありますが、なんでも言うことを聞くべきではありません。

法律を知ることは、自分の身を守ることにも、患者さんを守ることにも繋がります。

もし、今の医院の仕事内容に疑問を感じて、転職を考えられるのであれば、各々の歯科医院には熟練度や歯科衛生士の経験年数などに応じて任せることができる業務が記載された「院内業務基準書」というものがあるので、就職や転職の際にはそれの確認もされたらいいかと思います。



見学の際に歯科衛生士の業務内容を直接聞くのも大事です。

[歯科衛生士の転職] 繰り返さないためにやっておきたいこと

歯科衛生士の転職サイトはこちらから調べてください。

ファーストナビ、ジョブメドレー、グッピーの比較をしています。

【失敗しない悩まない!】歯科衛生士転職サイトおすすめ3選

転職失敗談は下の記事から見てください。

転職に失敗した!!潰れろクソ歯医者|歯科衛生士転職体験記


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA