[歯科衛生士の転職] 後悔しないためにやっておきたいこと

私は転職し、失敗し、後悔したことがあります。


転職をしたいと思った理由は、仕事に慣れてきた頃、歯科衛生士としてスキルアップしたかったから。

そして正直に言うと、すぐに転職した歯医者を辞めて、元の医院に戻りました。

かすみ
かすみ

出戻りですね。

転職するとき、今まで働いてきた職場との関係を切るし失敗したくないもの。



でも歯科衛生士の就職や転職って、自分の思う歯科医院に巡り会うのが難しいのが現状。


歯科医師会やらなんやら交友関係の広い先生方。



狭い歯科業界。

転職ばかり繰り返していたら

「〇〇って歯科衛生士が辞めてさー・・・」

「知ってるよ。〇〇先生のところでも働いてたみたいだけど、それも3ヶ月で辞めたらしい。


・・・なんて話も普通にされそうですしね。っていうか、してるやろ。


転職活動は、かなりの労力と時間がかかるもの。

なるべく相性のいい医院と出会って、長く勤めたいですよね。



「思っていたのと違った!!」

「こんなことがしたかったんじゃない!」

「求人に書いていたのと違う。」

私の場合はそうでした。




一般の企業と歯科医院の転職活動を10回以上してみて失敗した私が考える、転職する時にやっておきたいことをまとめました。



歯科衛生士の円満退職する方法


転職に後悔しないため院長と相談する

ほとんどの人が「何言ってるの!??」と思うかもしれませんが、ここが抜けてる人が多いと思います。


ちなみに院長自体が転職の理由であれば、相談は不要


すぐに退職届を出しましょう。

歯科衛生士の退職の伝え方


でも、その他の理由であれば、必ずその不満を院長に伝えるべきです



例えば、

「給料をもう少しあげて欲しい。」

「自分にこの仕事をさせてほしい。」

「この人がこんなことをするから苦手。」


「もっと勉強してスキルアップしたい。」


「医院のこういうところが不満」

これ全て昔の私の不満。笑


だいたい話を聞いてくれます。解決策も出してくれます。(良い院長であれば)


無理なら無理と言われるだけで、そこから考えたらいいのです。


愚痴や不満をそのまま院長に伝えて、どういう反応をとるかで転職するか決めたらいいのです





私も若かりし頃は院長に何度も呼び出されたり、喧嘩したり、飲みに連れて行ってもらって話を聞いてもらったりとしています。



あなたを大事な衛生士の一人と思っているのなら、必ず解決策があるはずです。


「辞めます。」と言う前に一度でも腹を割って話をしたらどうでしょうか。

歯科衛生士を向いてない・やめたいと思う人に伝えたい私の話

自分の価値観を知る

急に価値観と言われると大袈裟な感じかもしれませんが、一番たいせつなことです。



お給料をもっと上げたいのであれば、なぜ上げたいのか。お給料をあげて何をしたいのか。など深掘りすることです。


「仕事もできるようになってきたし、自分は今の医院で貢献しているのにお給料は低い。もっと給与が高いところに転職したい。」


そんな理由では必ず転職失敗します。


給与が高くても、残業が多くて、勤務時間が長い。


休憩もろくにできない。


嫌な仕事をしなければいけない。(自費診療を無理に勧めるなど)

歯科衛生士が仕事を辞めたいと思う瞬間




お金さえとにかく欲しい!あとはどうでもいい!!別になんでもできる鋼の心があるのであれば、いちばん高いお給料をもらえる医院に行けばいいですが、そういうわけでもないですよね。

私はそんな医院で仕事をしたくない。




価値観というと難しいですが、

自分はこれだけはやりたくない。嫌いなことを知っておきましょう。

おすすめはメモすることです。




私のやりたくないこと、嫌なこと。

  1. 完全予約制ではなく担当制ではないところ
  2. 歯科衛生士業務以外をさせるような医院(ホームページのブログ作成や失敗したら取り返しのつかないこと)
  3. 自費診療を無理に勧める行為
  4. 患者さんを騙すような行為
  5. 医療従事者らしからぬ行動をする者との仕事
  6. 説明責任を果たさない
  7. 給与月15万円以下は生活が厳しくなるから嫌
  8. 子どもがいるので17時には帰らないとしんどい


とりあえずこれだけ出ました。



自分が絶対譲れないことを明確にしてから、新しい職場を探せば迷うことはないはずです。

[歯科衛生士の転職] 社保完備がいい歯医者???

お金の話は曖昧にしない

お金の話は日本人は苦手と聞きます。


なんのために仕事をしているかといえば、生活のためですよね。


お金の話をあいまいにしたまま進めてしまうと、思っていたのと違うと後悔します。



月給時給の他に、残業代はつくのなら何分単位でつくのか、有給休暇は実際どれぐらい取れるのか、書かれている情報のみならず深掘りしましょう。


月給は高いが診療時間を過ぎても受け入れ可能な医院で、残業代がつかない。


有給休暇がなかなか取らせてもらえない。


これでは、新しい医院に転職しても不満が溜まります。


正社員を選ぶのであれば、ここはハッキリとさせておきたいところです。

[衛生士の転職サイトの闇] ウソを見破る7つのコツ

歯科医院には必ず見学に行き、院長の治療や処置をみる

歯科医院に転職であれば、見学はほぼ必須だと思います。



医院の雰囲気やスタッフの様子、医院の方針を聞けるからです。



せっかくの休みですが、ここは休日1日潰すぐらいの意気込みで行きます


私がここで失敗したところは、院長の治療を見なかったことでした。



ぼんやり仕事風景を眺めてスタッフとも会話をし、条件もよかったので転職したのですが、肝心のドクターの治療が私には満足できないものでした。




医院の方針も私には合わず、ストレス過多で仕事中に手が震え、悔しさで涙が出る始末。



院長に何度も抗議をしましたが、話が通じない人間だったので辞めました。



院長の治療がその歯科医院の診療方針だと思うので、院長の診療の見学もしくは体験をできるのが理想です。

歯科衛生士が転職するときに気をつけたい!優しい歯医者の裏の顔。


他の職業につくのであれば、必ずその会社の下調べをしておく

私は昔、他の仕事もしてみたいと思い、一般の営業の会社に面接に行ったことがあります。


その時に、「なんとなくこんな仕事をしているんだな。」とホームページを軽く流し見し、気軽な感じで面接に望んだのですが、そこでは試験がありました。



歯科医院に面接するときと全く違うので、「職業履歴書の書き方」「面接の仕方」や「メールマナー」など一般企業への就職の仕方を学んでおき、行きたい会社の情報をしっかり頭に叩き込みましょう。

歯科衛生士が企業に転職するために必要なこと


面接の時に、聞きたいことを紙にまとめて聞いておく

いざ面接となると、上がってしまい言いたいことも言えなくなります。


大切なことも忘れることが多いです。


歯科医院の面接は結構リラックスした感じなので、言いたいことは紙に書いて、一つずつ聞きたいことを聞けば良いかと思います。


もしききにくいことであれば、転職サイトのエージェントさんを通して聞いてもらうのも手かと思います。


歯科衛生士がおすすめする転職サイト

転職失敗してしまったら出戻りする

元も子もない内容ですね。笑



「もっと歯科衛生士のいる医院で勉強し、レベルアップした衛生士になりたい。」と院長に伝えると、「一回やってみなさい。」と言われました。

院長はこの時、私が転職先で失敗することを想像していたのでしょうか。




私は今まで育ててもらった感謝を伝え、他の医院に転職しました。

しかし蓋を開けると思っていた中身と違う。

こんな医院では働けない。

そう思い、1ヶ月で退職することを申し出ました。




「歯医者ってクソみたいなやつもおるんやな。嘘つき。信じられん。」

それが私の転職して失敗した時の感想です。



「また転職でハズレを引いたら最悪や。でも正直いまは歯医者は信じれない。」

そう思っていた時に思い出したのが、辞めた医院の院長でした。



連絡を取ると、当時働いている医院の駅まで来てくれて、お酒を飲みながら話を聞いてもらったことを今でも覚えています。

その時に「またこっちに戻っておいで。」と言ってくれました。


そのまま私は今でも13年仕事を続けています。


転職の本当の失敗は、行くところがなくなって歯科衛生士を辞めてしまう事だと思います

新卒から歯科衛生士ひとりでやってきた感想

まとめ

もう一度言いますが、院長が合わないのであれば速攻でやめましょう



もう少し条件がいいところに転職したいという話であれば、絶対に譲れないこと、やりたくないことを明確にして探します。



そして、院長との関係が悪くないのであれば、辞める際に冗談でも「転職に失敗したら戻ってくるかもしれない」と伝えておいてもいいかもしれません。


歯科衛生士が足りないこの業界。


案外、出戻りを望んでいる先生も多い。かも???笑



自分に合う歯科医院を見つけるのに、私はかなりフラフラしましたが、みなさんのヒントになればと思います。



必ず自分にあう歯科医院はみつかります。



歯科衛生士は楽しい。やりがいを感じてほしい。


歯科衛生士続けて欲しい。


そう願っています。


登録無料!歯科衛生士の転職ならジョブメドレー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA