やる気の出ないかすみの日記

今日は春分の日だ。



桜の蕾はふっくらとしていて、先っちょがピンク色になっている。


以前から気になっていた壷焼き芋を買って公園で食べた。

ネチャネチャして甘かった。

壺焼き芋
ネチャネチャの壺焼き芋



かすみんちは、ほくほくっとした芋がどちらかというと好き。


そう。鳴門金時派だ。




しかし、このネチャネチャの芋はパンに乗せて食べたらいいかもしれないと思った。


肌寒い公園で、鳩をにらみながら、焼き芋を頬張った。



焼き芋をもつ子ども
芋を食べるぴっち



寝癖がありのままのけんけん


かすみはよく「行動力がある」「バイタリティに溢れている」と言われる。



自分ではどのあたりか説明できないが、知り合いや友人にかなりの割合で言われるのでそういうことにしている。


しかし、いつもそんな体力や精神力があるわけではない。

戦闘力は、魔法使いのように攻撃力はあるものの打たれ弱い。


ドラクエならビアンカのポジションがいい。

やる気が出ない、毎日に疲れる

さて、題名通りかすみは今なにもする気が起きない。



特にクリエイティブな活動に対してだ。


ブログや記事を書きたくない。

NFTの絵を描くのもめんどくさい。

漫画はもっとめんどくさい。

Twitterもなんだか見にくい。


ニュースの戦争や、揉めたり人を否定する言葉をみるのもイラつく。

勉強もしたくない。

頭で考えてなにもしたくない。

家事や仕事もやらなければならないからするものの、他のことはやりたくない。




こういう感覚は何度もある。

何度もあるので慣れている。

そういう時、かすみはゲームの途中でリセットしてセーブデータも消す。


そしてまた、ふと思い出して1から始める。


今まではそうしてきた。

そうしたほうがとても楽だった。

走ったら休まないと疲れる

当たり前だけど、走り続けたら疲れる。

体は使いすぎるとぐったりするし、頭も使い過ぎると機能しなくなる。

そういう時は、休む時だ。




かすみも元々は平和主義でおっとり屋さんだったのに。


こんなにアクティブな人間ではなかった。


社会や周りの人間、それによる発生イベントによってこんな人間になったと思う。(良いか悪いかは別として)



常に動かないといけない。

いろんなことに危機感を持って動かないといけない。


そう思って生きている。




夫に「昔はもっと可愛らしかった。」と言われたが、仕方ない。


人は変わるのだ。

この世から消える時

かすみは家事・育児・仕事でオーバーワークの時、「死にたい。」「死んだほうが楽だ。」と思う。


この数年、何度も何度も思ってきた。



何度も思うのだが、死んでしまった時のイメージトレーニングをすると、

「いや待て。死んだら葬式とか結構めんどくさいぞ。」

「わたしは生きているほうが社会にも家族にも価値がある。」

と思い直す。



せっかくこの世に人間として生まれて、どうせ忘れ去られるのなら、何か爪痕を残して死にたい。


「なんかオカンって面白い人間だったよな。」と子どもたちに思われて死にたい。



そう思いながら毎日過ごす。

子どもがお金を盗む理由

役に立たないものなんてない

不幸にもこの記事に迷い込んで、
「なんや、この記事しょーもない。」って思う人もいるだろう。



うるさい!!!!!



まとまってないのも自分でもわかる。

でも、そういうのが書きたい時もあるのさ。


というか、こんなのばっかり今は書きたい。



これが今のかすみだ。




水に嫌われたオンナたち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA